弁護士は、今では普通にテレビ等に出ていますし、昨今の司法制度改革による大幅な人数の増加もあり、昔よりも、確実に身近になりました。
 しかし、それでも、いざ選ぼうとすると、迷うものでしょう。
 大幅に増えたからこそ、多くの弁護士の中から誰を選ぶかは、あなたの人生を左右するといっても、過言ではありません。
 ここでは、弁護士を選ぶ際のポイントを、考えてみたいと思います。

法廷前の弁護士のイラスト

1.実力

 まずは、実力です。
 弁護士に依頼をする目的が、自分の権利を守ったり、相手に義務を果たさせたりして、事件を解決することである以上、やはり、それを達成するための実力は、最も重要です。
 この実力は、当然ながら、弁護士により様々です。
 私は、弁護士としての実力は、事実関係の聴取能力、証拠の収集能力、事案の分析能力、法律的知識+社会全般についての広い知識、主張の構成・表現能力等から、構成されると考えます。
 我々の場合は、一緒に仕事をしてみたり、あるいは逆に闘ってみたりなどすれば、ある程度その弁護士の実力は推測できるのですが(ただし、事件の内容にもよります)、一般の人がこれを見極めるのはなかなか困難でしょう。
 以下、実力を推測するいくつかの要素を、検討してみます。

ア.インターネット検索での上位表示

 昨今は、インターネットが普及し、これで検索をする人も、多いかと思います。
 他の業種でも同様かも知れませんが、上位に表示されるのは、広告・宣伝に熱心で、それらにお金や労力をかけている事務所なのだなという印象で、インターネット検索で上位に表示されることと、実力とは、ほとんど関係ないと思われます。
 もちろん、多くの人が見ていることで、上位に表示されている可能性もありますが、それは結局、ホームページの中身を見てみないと分からず、中身の善し悪しの問題になります。
 すなわち、ホームページは、表示順位が上位かどうかよりも、その記事の内容が鋭いかどうか等の方が大切だと思われます。
 なお、ホームページを見てみることは、その弁護士の人となり等を知るのには、良いかもしれません(当たり障りのないことしか書かれていない可能性もありますが)。

イ.事務所の規模・立派さ・立地など

 一見、大きな事務所や、都会でやっている弁護士の方が、何かすごそうなイメージを抱きがちかもしれません。
 確かに、実力があれば、繁盛して儲けられ、そのような事務所を構えられる場合もありますが、まさにお客さんにそう思われるよう狙っている場合(イメージ・営業的理由)や、弁護士の趣味(豪勢か質素か)等もあり、弁護士としての実力とは、ほぼ関係ありません。
 また、大きな事務所といっても、複数人で経費を分担すれば、一人でやるよりも安く済むので、必ずしもすごいわけでもありません。
 よって、都会の・大きい・立派な事務所であることは、営業能力は別として、事件処理の実力を推測する上では、特に参考にはなりません(ただし、大規模な事務所は、その人数を活かして、人手の必要な案件にも対応しやすい面は、あります)。
 自分の経験上も、大きな事務所や、都会の弁護士が相手だから、特に手強かったという相関関係もなく、当然ながら、事件の内容や、その弁護士によりけりです。
 私の場合は、相手が大きな事務所や都会の弁護士で、もし下に見られたと思った場合には(そういうケースはほとんどありませんが)、逆に燃えて、徹底的にやってやろうと思えます。

ウ.勝率

 スポーツ等のように、勝率を気にする人も、いるかも知れません。
 しかし、勝率といっても、何をもって勝ち・負けとみるかの問題があるほか、勝率は、勝てそうな事件だけを選んでやっていれば、上がります。
 また、弁護士には、負けが予想される事件でも、戦わなければならない時もあります。
 そのような問題もあり、そもそも弁護士は、勝率を広告してはならないことになっています。
 よって、これは参考にできません。

エ.経験年数、弁護士になった年齢の若さなど

 通常、弁護士歴が長ければ、それだけ多くの知識・経験を積みやすく、また経験でカバーできる事もそれなりにあるので、一般的には、成り立ての若手よりも、弁護士経験の長い人の方が、実力が高いとの推定がはたらくことは、否定できません。
 また、若くして弁護士になったというのも、能力の一つの表れといえます。
 ただ、当然ながら、これらも絶対ではなく、このような人なら無条件で良いかというと、そうとは限りません。
 弁護士も人間である以上、他の業種と同様、ある程度仕事を長く続けていると、マンネリ感が出てきたり、既存の知識や経験だけでも何とかなるとして、新たに勉強することを敬遠したくなったりするおそれもあります。
 年を取ると、考え方や発想に柔軟性の失われる場合も、あり得ます。
 裏を返せば、若い人の方が、フレッシュで、情熱やフットワークの軽さ等のある場合も、考えられます。
 したがって、ただ年数が長くても、漫然と過ごせば、実力はつきませんし、若くして弁護士になっても、その後の研鑽を怠っていれば、同様です。
 よって、月並みな結論にはなりますが、結局、弁護士になってから、どれだけ研鑽・努力を積んできたかが、とても重要です(が、残念ながら、これは外からは知りにくい事項ではあります)。

オ.専門性

 その弁護士が、ある種の事件だけを専門でやっていれば、色々な分野をやっている場合よりも、実力は付きやすいものです。
 その意味では、「その分野を専門にやっている弁護士の方が、実力があることが多い」とは、言いやすいでしょう。
 その分野で有名かどうか、も大きなポイントです。
 その分野で有名になっているのは、実力があって、皆から認められているからであることが多いためです。
 ただし、分野にもより、例えば、単純で定型的に処理できる事件ばかりを大量にやっていて、それを専門とうたっていても、それは??と思えます。
 この専門というのも、結局は自称にはなってしまうほか、都会では、他者との差別化を図るためか、専門を掲げている事務所も見かけはしますが、それでもまだ、純粋に特定の種類の事件しかやらないという事務所は稀で、依頼をされれば、広く扱う事務所が多いと思います(特定の事件しか依頼が来ないというのは、稀なことでもあります)。
 実際には、たいていの弁護士が扱うであろう一般民事事件に対し、知的財産事件、医療過誤事件、渉外事件等が、特に専門性の要求される分野といえますが、弁護士は、基本的な法的知識・考え方は身につけていますし、文献を調べること等によっても補えるので、必ずしも専門にしていない分野であっても、対応すること自体は可能とはいえます。

カ.出版、セミナーなど

 上記の専門性にも関連しますが、出版やセミナーを行うには、当然、その分野について勉強をしなければなりませんし、通常は、その種の事件も、いくらかこなしているはずです(部下にやらせているだけなら、別ですが・・・)。
 また、ホームページ等で、その分野の記事を、精力的に発信しているような場合も、同様です。

 以上、弁護士の実力を推し測る要素を、いくつか検討してみましたが、こうしてみるとお分かりのように、どの要素にも多面性があり、これなら絶対と言えるような、誰からも分かりやすい「決め手」があるわけではないのが、実情です。
 上記のような色々な要素を、総合的に検討した上で、最終的には、その弁護士と直接話をしてみて、その話の内容で納得できるかどうか等の点から、実力を推測することになるでしょう。

2.一所懸命さ・親身さ

 「実力さえあればいい」という人もいるかも知れませんが、たとえ実力があっても、やる気のない人ではいけませんので、一所懸命、親身に取り組んでくれる人が、良いでしょう。
 これは、単に表面的な問題ではなく、一所懸命やる人は、たいてい勉強熱心でもあり、それが実力にもつながってきますし、実際に、頑張って事件のことを調べたり、考えたりしていると、時に新たな発見をすることもあります。
 一所懸命・熱心かどうかは、ホームページの記事内容や、実際に会ってみての様子等が、判断材料になるかと思います。
 かかりつけの医者のように、弁護士と親しくなっていると、より親身に、一所懸命にやってもらいやすくなる面も、あるかも知れません。
 ただし、一所懸命はいいのですが、弁護士まで当事者と常に一体化してしまって、大局が見えないのでは困りもので、弁護士は時には一歩引いて事件を見ていないと、大切な事を客観的に見落として、依頼者に不利となることもあり得るため、冷静さも必要なのが、難しいところでもあります。

3.説明や報告

 相談者・依頼者にとっては、自分が現在、法的にどのような状況に置かれているのかや、今後どうなっていくのかが、よく分からないでしょうから、弁護士からの説明や報告が不十分では、困るでしょう。
 したがって、これらをしっかりとしてくれる、弁護士が良いと思います。
 ただし、弁護士も人間ですから、行け行けの人、慎重な人、大ざっぱな人、細かい人など、色々なタイプの人がいます。
 弁護士の中には、「大丈夫」「できる」などと、自信満々に大見得を切るような人も時々見受けられ、そういう人の方が、相談者や依頼者からは、受けは良いのかもしれませんが、事件や裁判では、意外な事情や、相手の言い分・証拠等が潜んでいる場合も、少なくはありません。
 依頼する側としては、どうしても耳障りのいいことを言ってもらうことを期待しがちなのは無理もないのですが、弁護士は、職務基本規程上、事件について、依頼者に有利な結果となることを請け合い、または保証してはなりませんし、依頼者の期待する結果が得られる見込みがないにもかかわらず、その見込みがあるように装って、事件を受任してはならないとされています。
 上記の実力とも関係しますが、本当に良い弁護士は、事案をよく分析し、色々な事態を想定して、油断をせず、細かいようでも、時には慎重に場合分け等もして、説明のできる弁護士であると思います。
 もちろん、有利な時には、それを的確に見極めて、依頼者に伝え、安心させるのも大事なことではありますが、不利な場合や、結果が不透明・リスクのある場合等、マイナスの面についても、しっかりと説明をしてくれることも、大切です。
 見通しの暗い事件を、そうとは知らずに依頼をして、敗訴をすれば、結局お金を損してしまうのは依頼者であり、本人にとって耳の痛いことは、往々にして正しかったり、大事なことだったりもします。
 もちろん、ただ「できない」というだけではダメで、そのような場合は、なぜできないのかも、説明できなければなりません。
 こうした説明等を、しっかりとしてくれそうかどうかについても、ホームページの記事内容を手がかりとしたり、実際に会ってみて判断したりすることになります。

4.価格

 価格も、気になるところでしょう。
 現在、弁護士費用の決め方は、原則として自由であり、事務所によって、異なります。
 そもそも、個々の事件は、その内容や相手の対応等によっては、必要な時間や労力等(どこまでの手続をとって、いつ、どのように終わるか)が不明確で、必ずしも定型的・画一的とは限らないため、はっきりとした価格を示しにくい場合もあるものですが、なるべく金額の目安を示してくれる事務所が、良いでしょう。
 一般的には、争いになっている金額の大きな事件や、関係者の人数が多かったり、厄介・複雑困難だったりして、手間ひまのかかる事件ほど、価格は上がるのが通常です。
 利用者にとっては、安いにこした事はないのかも知れませんが、弁護士に依頼する事件というのは、一生にそう何度もあることではないですし、弁護士業務はオーダーメイドの側面があり、進め方や時間のかけ方、能力等も、その弁護士によりけりなので、安さだけにこだわるのは、あまりお勧めはできません。
 弁護士にも、当然諸経費や労力・時間等の負担が発生するわけですし、人間なので、価格の安さが業務の進め方にどう影響するかというのは、何とも言えません。
 後で弁護士を変えることになれば、余計に高くつくおそれもあるでしょう。
 自信のある事務所は、高い場合もありますが、価格と実力との間には、必ずしも比例関係があるわけではなく、高ければ常に優れているとも限りません(ただし、値段の分、色々と動いてはくれるかも知れませんし、動いてくれなければ、動いてもらうべきでしょう)。
 逆に、安すぎる場合は、値段なりの理由があるようには思われます。
 疑問があれば、よく説明をしてもらうと良いでしょう。

5.事務所の所在地

 弁護士に依頼をすると、何度か打ち合わせが必要になることもあるので、自宅や勤務先の近く、あるいはその途中にあるような事務所だと、負担も小さく、便利でしょう。
 ただ、打ち合わせ等といっても、そう頻繁にではないですし、今の時代は、電話やファックス、Eメール、郵便等の通信手段もあるので、これは他の要素ほど優先順位は高くないかも知れません。
 ちなみに、本人が裁判所へ出向く頻度は、民事裁判では、弁護士に依頼をすれば、必ずしも毎回の必要はなく、あるとしたら、和解の話や尋問を行う時ぐらいですが、家事調停等では、毎回本人も出席することが一般的です。

 以上、いくつかポイントを挙げてみたので、総合的にご判断ください。

 弁護士探しの方法としては、信用のできる知人や、弁護士会等から紹介してもらう等の方法も考えられますが、その場合でもやはり、最終的にその弁護士の善し悪しを判断するには、上記のような点が、主な要素になるものと思います。
 今は、ホームページ等でも、ある程度、その弁護士の人となりや考え方等を、うかがい知れる場合もありますが、それだけでなかなか分かるものではなく、最終的にはやはり、実際に相談へ行ってみるしかありません。
 その上で、この人でいいと思えば、依頼をすれば良いですし、もしちょっと違うと思えば、相談だけでやめておくことも、可能です。
 裁判は、多くの人にとっては、一生に一度、あるかないかのことでしょうし、一回物を売り買いして終わりというようなものでもなく(それなら、単純に、一番価格の安い店でも良いかもしれません)、通常は、しばらくの間、付き合っていかなければならないものです。
 手続を進めていく上では、時間や労力、費用等もかかりますし、例えば、相手の主張等に、怒りやショックを受けたり、大事な決断を迫られたりなど、色々と大変なこと、辛いことも起こり得ます。
 そのような中で、一緒に手続を進めていくわけですから、実力も重要ながら、それと同等の要素は、人間性、「人柄の信頼できる、そして相性の合う弁護士であること」かも知れません。

 皆様が、良い弁護士と巡り会えれば幸いです。