売買とは、当事者の一方が、ある財産権(物に限りません)を相手方に移すことを約束し、相手方がこれに対してその代金を払うことを約束することによって、効力を生じる契約です。

 売買は、必ずしも契約書などを作って書面でしなければならないわけではなく、口約束でも成立します。

 皆さんも、食料品や日用品の購入その他で、日常的にこの売買を行っているはずで、誰にでも大変なじみの深い契約といえます。

弁護士と契約書をかわすイラスト

 

 ただ、口約束で成立するとはいっても、それは何も起こらなければそれで済むというだけの話で、争いになった時には、どのような約束であったかが「言った・言わない」の話になり、契約書があるのとないのとでは雲泥の差になりますので、少なくとも高額な取引や継続的な取引等では、契約書の作成は必須です。

 売買も、その場で目的物の引き渡しと代金の支払いが同時になされる場合のほか、どちらかが先になされるものや、物の引き渡しや代金の支払が分割でなされるものなど、色々なパターンがあります。

 主なトラブルとしては、契約をしたのに相手が代金を払わないとか、商品を渡さないといったものや、渡してくれたけど欠陥があった、などでしょう。

 このような場合、契約に従って、相手に義務を果たせと求めることもできますし、場合によっては契約を解除して、こちらが渡した財産を返せということもできます。

 また、損害が生じれば、損害賠償の請求も可能な場合があります。

 解決の方法としては、相手との話し合いや調停・訴訟などによることになります。

 売買の問題についても、お気軽にご相談ください。